【WiMAX】契約前に、電波が繋がりにくい場合に備える方法

契約後、後悔しないために

インターネット接続サービスのWiMAX(ワイマックス)。

『WiMAXを契約して、使ってみたら、電波がつながりにくく、インターネットを楽しむことができなかった・・・』

このような事態は避けたいところです。

そのため、契約前に、ご自身でWiMAXを使う場所は、電波が入りやすいのか、WiMAXサービスの提供エリア内にあるのか、きちんと確認しておくことが必要となります。

しかし、WiMAXサービスの提供エリア内の場所であっても、屋内や地下、周辺の障害物(建物・地形)などにより、接続できないことがあります。

注意したいのは、WiMAXを申し込んだ後にサービスエリア外等で接続できないとがわかったとしても、申し込みの際にかかった料金(申込手数料・データ端末代等)は返金してもらえないことです。

そして、契約期間内に解約した場合の契約解除料(違約金)の支払いが必要になってしまいます。

WiMAXを、2年契約または3年契約で申し込み、サービスエリア外等を理由に解約し、契約解除料を1万円以上支払うことになったら、金銭的に大きな負担となります。

契約前に、電波が繋がりにくい場合に備える方法

このような事態は避けるための最善の方法は、契約期間が短く、契約解除料が少ないWiMAXの会社(プロバイダ)を選ぶことです。

たとえ、サービスエリア外等で接続できないとがわかり解約することになっても、契約期間が短く、契約解除料が安ければ、金銭的な負担を少なくすることができます。

WiMAXを提供する会社は、20社以上あります。

その多くが、契約期間が2年または3年で、契約解除料が1万円以上です。

そのような状況のなか、契約期間と契約解除料がなく、解約時の負担が少ない会社があります。

それは、ビッグローブ株式会社です。

ビッグローブ株式会社は、auやUQのスマホでおなじみKDDI株式会社のグループ会社であり、プロバイダ歴25年以上の実績で、安心の通信品質とサポート力のある会社です。

ビッグローブ株式会社のWiMAX(BIGLOBE WiMAX +5G)は、5G対応で高速通信を広範囲で利用可能にし、料金プランが『ギガ放題プラス』のみのシンプルでわかりやすいのが特徴です。

また、料金の支払方法は2種類、クレジットカード払いと口座振替(銀行口座引き落とし)があります。

なお、『ギガ放題プラス』は、初月の月額料金は無料ですが、初月に解約した場合は月額料金が有料になりますのでご注意ください。

電波がつながるかどうか心配な方等は、金銭的な負担を減らすために、契約期間と契約解除料がないビッグローブのWiMAX(BIGLOBE WiMAX +5G)を選ぶのも1つの方法だと思います。

ビッグローブでWiMAX +5Gの提供エリアをチェック