【スタディング】受講料は、ダイナースクラブカードで支払える?

支払い可能なクレジットカード

スタディングは、スマホ・パソコン・タブレット等を使って、スキマ時間に効率良く学習し、短期間でも資格取得が可能な講座です。

そのため、お仕事や学校、家事等で忙しい方でも、スタディングでしっかり学べば、短期間で合格レベルに達することができます。

そして、受講料の支払いは、クレジットカード払いができます。

ただし、クレジットカードのブランドは、VISA、Mastercard、JCB、American Expressの4種類となっております。

したがって、ダイナースクラブカードで支払うことはできません。

なお、スタディングの受講料は、クレジットカード以外でも支払うことができます。

スタディング(公式トップページ)

支払い方法の詳細と、受講できる講座一覧は、下記のとおりです。

スタディングの支払い方法

スタディングの支払い方法は、下記の6種類となります。

①クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB、American Express)

②ペイジー支払(ATM決済)

③コンビニ支払(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート)

④銀行振込

⑤ローン(分割払い)

⑥後払い(こんど払い byGMO)

プリペイドカードやデビットカードは、VISA、Mastercard、JCBなどのブランドがついている場合は、口座残高内・チャージ金額内で一括支払いのみ利用できます(一部利用できないカードもあります)。

コンビニ支払いの場合は、コンビニのレジでは基本的には現金支払いとなります。

受講料を分割払いしたい方もいらっしゃると思います。

支払い方法でクレジットカード支払い、ローン(分割払い)を選択した場合は、分割払いが可能です。

クレジットカード支払いの場合は、一括、分割、リボルビング払いが選択可能です。

支払回数は、3・5・6・10・12・15・18・20・24回です。

支払回数や手数料については、ご自身が使っているクレジットカードの種類・契約内容等によって異なります。

詳細については、カード発行会社に確認しましょう。

ローン(分割払い)の場合は、1回の購入金額が税抜き4万円以上で、月々の返済額が3千円以上から利用可能です。

ローン(分割払い)の利用については、条件や信販会社の審査があります。

スタディング(公式トップページ)

スタディングの講座一覧

下記の講座名をクリックすると、各公式ページに移動します。

なお、スタディングでは、気になる講座を無料で試すことができますので、不安な方は、試してみてから受講を検討したほうが良いと思います。

ビジネス・経営

中小企業診断士

技術士

販売士

危険物取扱者

メンタルヘルス・マネジメント検定

コンサルタント養成講座

法律・労務

司法試験・予備試験

司法書士

行政書士

社会保険労務士

弁理士

ビジネス実務法務検定試験

知的財産管理技能検定

個人情報保護士

会計・金融

税理士

簿記

FP(ファイナンシャルプランナー)

外務員(証券外務員)

貸金業務取扱主任者

不動産・建築

宅建士(宅地建物取引士)

建築士

マンション管理士/管理業務主任者

賃貸不動産経営管理士

IT

ITパスポート

基本情報技術者

応用情報技術者

ITストラテジスト

公務員

公務員

士業系

社会保険労務士

宅建士(宅地建物取引士)

税理士

中小企業診断士

司法書士

行政書士

弁理士

技術士

販売士

個人情報保護士

建築士

賃貸不動産経営管理士

語学

TOEIC TEST 対策

医療

看護師国家試験

登録販売者

スタディング(公式トップページ)