【 enough 】名詞・形容詞・副詞を修飾する場合の注意点

enough

enough は 、「十分な」の意の形容詞として、名詞を修飾するときは、名詞の前にも後にも置かれます。

これに対し、「十分に」の意の副詞として、形容詞・副詞を修飾するときは、その後にだけ置かれます。

例文

下記①〜③の例文は、それぞれ「それを買うだけの金がある」という意味になります。

① He has enough money to buy it.

enough は 「十分な」の意の形容詞として、名詞 money の前に置かれています。

② He has money enough to buy it.

enough は 「十分な」の意の形容詞として、名詞 money の後に置かれています。

③ He is rich enough to buy it.

enough は 「十分に」の意の副詞として、形容詞 rich の後に置かれています。この場合、enough rich とは言いません。