第1文型と第2文型の両方に用いられる動詞で用法の区別が必要なもの | 投資キャンプ

第1文型と第2文型の両方に用いられる動詞で用法の区別が必要なもの

用法の区別が必要な動詞

第1文型[ S+V ]で用いられる動詞は、完全自動詞で、補語も目的語もとりません。

第2文型[ S+V+C ]で用いられる動詞は、不完全自動詞で、補語を伴います。

ただし、動詞のなかには、第1文型と第2文型の両方に用いられるものがあるので、用法の区別に注意しなければなりません。

① She looked at me.

[ S+V ]

(彼女は私を見た

※ at me は副詞句で、動詞 looked を修飾する従要素

② She looked sad.

[ S+V+C ]

(彼女は悲しそうに見えた

③ He appeared at last.

[ S+V ]

(彼はついに現れた

※ at last は副詞句で、動詞 appeared を修飾する従要素。

④ He appeared hungry.

[ S+V+C ]

(彼はひもじそうに見えた