【〜も】too / either 意味の違い(日本語訳付き例文あり) | 投資キャンプ

【〜も】too / either 意味の違い(日本語訳付き例文あり)

too / either

肯定の内容を受けて「〜も・・だ」というときには too を用いますが、否定のあとで「〜も・・でない」というときにはeither を用います。

なお、not …either は neither 1語で言い換えられます。

例文

① I like it. ー I like it, too.

(私も好きだ)

② I don’t like it. ー I don’t like it, either. [ = Neither do I. ]

(私も好きではない)