【WiMAX】ビッグローブはUQと、通信速度や通信エリアが違うの?

『UQ WiMAX』と『BIGLOBE WiMAX』

インターネット接続サービスのWiMAX(ワイマックス)。

WiMAXを提供する会社(プロバイダ)は、20社以上あります。

そのなかで、

『UQ WiMAX』の、UQコミュニケーションズ株式会社、

『BIGLOBE WiMAX』の、ビッグローブ株式会社、

どちらの会社も、auスマホでおなじみKDDI株式会社のグループ会社となっています。

そして、ビッグローブ株式会社は、UQコミュニケーションズ株式会社から回線を借りてWiMAX運営しています。

したがって、『UQ WiMAX』と『BIGLOBE WiMAX』は、通信速度や通信エリア等に違いはありません。

なお、WiMAXは、2021年4月より、5G(高速通信・低遅延)対応となり、5G対応WiMAXのサービス名称は『WiMAX+5G』となっています。

これから、WiMAXを申し込む場合、『5G対応のSIMカード』と『5G対応のデータ端末(Wi-Fiルーター)』が届きます。

ちなみに、私は、ビッグローブのWiMAX(BIGLOBE WiMAX +5G)を利用しています。

BIGLOBE WiMAX+5Gは、

契約期間と契約解除料(違約金)がなく、

月額料金0円ではじめられ、

月々の支払いは、クレジットカードと口座振替(銀行口座引き落とし)から選べて、

キャッシュバックは、最短で翌月に受け取れるからです。

2年や3年の複数年契約が主流のなか、解約時の負担が軽いBIGLOBE WiMAX +5Gに大きなメリットを感じました。

ビッグローブでWiMAX +5Gの提供エリアをチェック