【DMM FX】口座開設する場合の、「個人」と「法人」の違い

「個人」と「法人」の違い

FX(外国為替証拠金取引)を行うために、DMM FXに口座開設する場合、お申込みフォームの「口座開設の種類」の項目で、「個人」か「法人」のどちらかを選択しなければなりません。

では、「個人」と「法人」の違いは、何なのでしょうか?

例えば、Aさんが、ご自身のお金を使用してFXを行う場合は、「個人」を選択します。

これに対し、Aさんが、B株式会社を経営していて、B株式会社のお金を使用して、AさんやB株式会社の従業員がFXを行う場合は、「法人」を選択します。

なお、「法人」には、株式会社の他に、合名会社や合同会社なども含まれます。

[ 公式サイト:DMM FX

法人の種類

普通法人

株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、医療法人(社会医療法人を除く)など

協同組合等

消費生活協同組合、農業協同組合、漁業協同組合、信用金庫など

公益法人等

社会福祉法人、社会医療法人、学校法人など

人格のない社団等

町内会、同窓会、法人格のない労働組合など

公共法人

地方公共団体、国立大学法人など

[ 公式サイト:DMM FX