【WiMAX】『2+』用のSIMは、『+5G』用のデータ端末で使える?

『2+』から『+5G』へ

インターネット接続サービスのWiMAX(ワイマックス)。

WiMAXは、2021年4月より、5G(高速通信・低遅延)対応になっています。

5G対応WiMAXのサービス名称は、『WiMAX+5G』です。

『WiMAX+5G』は、従来の『WiMAX2+』ではエリア外だった地域でも、電波が入りやすくになり、通信速度も飛躍的にアップしたのが特徴です。

『WiMAX+5G』は、利用可能なエリアに応じて、スタンダードモード(標準)とプラスエリアモード(オプション)の2つのモードにて、高速通信サービスを提供しています。

スタンダードモードでは、『WiMAX 2+』のエリアに加え、au5G/4G LTEの一部のエリアでも、高速通信サービスを利用することができます。

オプションのプラスエリアモードに切り替えると(手続き不要)、スタンダードモードよりさらに広いau5G/4G LTEエリアにて、高速通信サービスを利用することができます。

『2+』用のSIMは、『+5G』用の端末で使える?

現在、販売されているデータ端末(Wi-Fiルーター)は、『+5G』専用のものであり、『+5G』用のSIMカードにのみ対応しています。

したがって、『2+』用のSIMカードを、『+5G』専用のデータ端末に挿入して使うことはできません。

『WiMAX2+』を解約して『WiMAX+5G』を申し込む場合は、『+5G』専用のデータ端末と、『+5G』専用のSIMカードが必要になります。

WiMAXを提供する会社(プロバイダ)は、20社以上ありますが、どの会社も、データ端末とSIMカードをセットで申し込むことができます。

データ端末とSIMカードをセットで申し込む場合、キャッシュバックがもらえる会社もあります。

なかでも、ビッグローブ社のWiMAX(BIGLOBE WiMAX +5G)は、キャッシュバックを申し込みの翌月にもらうことができます。

このようなキャッシュバックを活用すれば、データ端末とSIMカードをセットで申し込んでも、金銭的な負担を減らすことができます。

BIGLOBE WiMAX +5G ★おトクな申込特典あり★

そして、ビッグローブ社のWiMAXは、契約期間と契約解除料(違約金)がなく、解約時の負担が軽いという特徴もあります。

他の会社では、契約期間が2年または3年以上で、契約解除料が10,000円以上のところもあります。

ビッグローブ社のWiMAXのキャッシュバック金額やデータ端末の詳細などについては、トップページ(▷▷BIGLOBE WiMAX +5G)で確認することができますので、よろしければご覧ください。

ビッグローブでWiMAX +5Gの提供エリアをチェック