【英文法】動詞の後を、副詞でなく、形容詞とすべき場合 | 投資キャンプ

【英文法】動詞の後を、副詞でなく、形容詞とすべき場合

look, sound, feel, taste, smell

第2文型「 S+V+C 」を作る動詞のなかで、 look, sound, feel, taste, smell が「〜のように見える(聞こえる)」などの意味で用いられる場合、その後にくるのは、補語であるため、副詞ではなく形容詞でなければなりません。

例文

① He looked angry.

(彼は怒っているように見えた)

※ angry をangrily としないように注意

② She left happy.

(彼女は幸せに感じた)

※ happy を happily としないように注意

③ It sounds strange.

(奇妙に聞こえる)

※ strange を、strangely としないように注意

なお、これらの動詞も、他の意味で用いられるときは副詞も伴います。

④ She looked at him angrily.

(彼女は腹立たしげに彼を見た)

ある動詞が特定の意味で用いられるとき、その動詞の後は、副詞ではなく、形容詞としなければならないので、例文(日本語訳付き)を用いて解説します。