事業譲渡されたZaif(ザイフ)を利用する際、必ず確認すべきこと

Zaif(ザイフ)

ビットコイン・イーサリアム・モナコインなどの仮想通貨の他に、トークンやCOMSAなどの売買も可能な、国内最大級の仮想通貨取引所であるZaif

Zaifは、これまで、テックビューロ株式会社により管理・運営されてきました。

しかし、テックビューロ株式会社は、2018年11月22日に、Zaifを株式会社フィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡しました。

これにより、現在は、株式会社フィスコ仮想通貨取引所がZaifの管理・運営を行っています。

なお、Zaifという名称の変更はなく、今後もZaifとしてサービスを続けていくとのことでした。

事業譲渡されたZaifを利用する際、必ず確認すべきこと

Zaifで仮想通貨等の売買をする場合、まず、日本円を自分のZaifアカウントに入金しなければなりません。

入金方法には下記の①〜③があります。

① 銀行振込
② コンビニ決済
③ ペイジー

上記の入金方法のうち、注意しなければならないのが、銀行振込です。

テックビューロ株式会社がZaifの管理・運営を行っていたときの振込先は、テックビューロ株式会社の銀行口座でした。

しかし、株式会社フィスコ仮想通貨取引所がZaifの管理・運営を行うようになってからの、現在の振込先は、株式会社フィスコ仮想通貨取引所の銀行口座です。

したがって、誤ってテックビューロ株式会社の銀行口座に振り込んでしまうと、自分のZaifアカウントに正しく入金されません。

特に、ネット銀行を利用されている方で、振込先を登録している方は、注意が必要です。

テックビューロ株式会社の銀行口座を振込先として登録している方は、削除してしまったほうが良いと思います。

振込前に、振込先が株式会社フィスコ仮想通貨取引所の銀行口座になっているか、必ず確認することをおすすめします。

なお、②コンビニ決済とは、お近くのコンビニで現金を支払うことにより、自分のZaifアカウントに日本円を入金する方法です。

入金したい金額を入力し、その後、「入金開始」ボタンを押します。

500円以上、500円単位で299,400円まで設定することが可能です。

また、③ペイジーとは、銀行ATMやネット銀行で「ペイジー」を利用することにより、自分のZaifアカウントに日本円を入金する方法です。

入金したい金額を入力し、その後、「入金開始」ボタンを押します。

500円以上、100円単位で999,000円まで設定することが可能です。

②コンビニ決済と③ペイジーによる入金は、入金金額の他に別途手数料が必要です。

[ トップページ:Zaif