【WiMAX】『+5G』用のSIMは、『2+』のデータ端末で使える?

『2+』から『+5G』へ

インターネット接続サービスのWiMAX(ワイマックス)。

WiMAXは、2021年4月より、5G(高速通信・低遅延)対応になっています。

5G対応WiMAXのサービス名称は、『WiMAX+5G』です。

『WiMAX+5G』は、従来の『WiMAX2+』ではエリア外だった地域でも電波が入りやすくなり、通信速度も飛躍的にアップしたのが特徴です。

『WiMAX+5G』は、利用可能なエリアに応じて、スタンダードモード(標準)とプラスエリアモード(オプション)の2つのモードにて、高速通信サービスを提供しています。

スタンダードモードでは、『WiMAX 2+』のエリアに加え、au5G/4G LTEの一部のエリアでも、高速通信サービスを利用することができます。

オプションのプラスエリアモードに切り替えると(手続き不要)、スタンダードモードよりさらに広いau5G/4G LTEエリアにて、高速通信サービスを利用することができます。

『2+』用のSIMは、『+5G』の端末で使える?

WiMAXを提供している会社(プロバイダ)は、20社以上あります。

どの会社も、データ端末(Wi-Fiルーター)とSIMカードのセットでの申し込み(契約)ができます。

しかし、SIMカードのみ申し込めるのは、ビッグローブ株式会社のWiMAX(BIGLOBE WiMAX +5G)しかありません。

ビッグローブ株式会社は、auやUQのスマホでおなじみKDDI株式会社のグループ会社であり、プロバイダ歴25年以上の実績で、安心の通信品質とサポート力のある会社です。

では、ビッグローブ社で『+5G』用のSIMカードのみ申し込んだ場合、従来の『2+』用のデータ端末(Wi-Fiルーター)に挿入して使う事はできるのでしょうか?

『+5G』用のSIMカードは、『+5G』用のデータ端末にのみ対応しています。

したがって、『+5G』用のSIMカードを『2+』用のデータ端末に挿入して使うことはできません。

そのため、ビッグローブ社で『+5G』用のSIMカードのみ申し込む場合は、ご自身で『+5G』用のデータ端末を用意しなければなりません(例えば、メルカリ等のフリマアプリで中古品を購入するなど)。

ちなみに、最新の『+5G』用のデータ端末の価格は、21,912円(税込み)ですが、ビッグローブ社でデータ端末とSIMカードをセットで申し込むとキャッシュバックがもらえるので、料金の負担を減らすことができます。

SIMカードのみ申し込んで、データ端末をメルカリ等で購入するより、データ端末とSIMカードをセットで申し込んでキャッシュバックをもらったほうが負担は少なくなります。

BIGLOBE WiMAX +5G ★おトクな申込特典あり★

そして、ビッグローブ社のWiMAXは、契約期間と契約解除料(違約金)がなく、解約時の負担が軽いという特徴もあります。

他の会社では、契約期間が2年または3年以上で、契約解除料が10,000円以上のところもあります。

BIGLOBE WiMAX+5Gの料金プランやデータ端末、キャッシュバック金額の詳細などについては、トップページ(▷▷BIGLOBE WiMAX +5G)で確認することができますので、よろしければご覧ください。

ビッグローブでWiMAX +5Gの提供エリアをチェック