事実を述べる叙実文と、事実と反対を述べる仮定文の、書換えの注意点

叙実文と仮定文

事実を述べる叙実文 (=ふつうの直説法の文)と、事実と反対のことを述べる仮定文との書換えでは、内容が 「現在」のことなら仮定文では仮定法過去を、 「過去」 のことならば仮定文では仮定法過去完了を用います。

具体例①

As I am busy, I cannot go.

(忙しいので行けない)

If I were not busy, I would go.

(忙しくなければ行くのだが)

具体例②

As I was busy, I couldn’t go.

(忙しいので行けなかった)

If I had not been busy, I would have gone.

(忙しくなかったならば行っただろう)