【BIGLOBE WiMAX】SIMはeSIM?挿入するSIMカード?

SIMカードとeSIMの違い

SIM(シム)とは、Subscriber Identity Moduleの略で、これまで、スマートフォン等を契約する場合、必ず、SIMカードを発行してもらっていました。

SIMカードには、スマホ等を契約する上で必要不可欠な下記①〜③の情報が格納されています。

①SIMカードに割り当てられた固有の番号

②電話番号

③回線契約に関する情報

スマホ等を、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル等のショップで契約すると、店員さんがスマホ等にSIMカードをセットしてくれます。

しかし、スマホ等を、格安SIMの会社のインターネットホームページで契約する場合は、自分で、スマホ等にSIMカードをセット(挿入)しなければなりませんでした。

そして、現在、eSIM(イーシム)が普及しつつあり、自分で、スマホ等にSIMカードをセットする必要がなくなってきています。

eSIM(イーシム)とは、embedded Subscriber Identity Moduleの略で、通常のSIMカードはスマホ等にセットする必要があるのに対し、eSIMはスマホ等の内部に組み込まれた(埋め込まれた)部品であるため抜き差しする必要はありません。

したがって、eSIM対応のスマホ等を契約すると、SIMカードをセットする必要なく、すぐに利用することができるのです。

【BIGLOBE WiMAX】SIMはeSIM?挿入するSIMカード?

インターネット接続サービスのWiMAX(ワイマックス)。

ビッグローブ社の最新のWiMAX、5G対応で高速通信を広範囲で利用可能なBIGLOBE WiMAX +5Gは、

料金プランが『ギガ放題プラス』のみで、シンプルでわかりやすく、

契約期間と契約解除料(違約金)はなく、解約時の負担が軽いという特徴があります。

そして、BIGLOBE WiMAX +5GのSIMは、eSIMではなく、SIMカードです。

そのため、申し込み後、SIMカードとデータ端末(Wi-Fiルーター)が届いたら、ご自身で、SIMカードをデータ端末にセット(挿入)しなければなりません。

なお、SIMカードをデータ端末にセットすれば、それ以外に特別な設定等は必要なく、すぐにWiMAXでインターネットを楽しむことができます。

ちなみに、BIGLOBE WiMAX +5Gは、SIMカードとデータ端末のセットでの申し込みの他に、SIMカードのみ申し込むこともできます。

すでにデータ端末をお持ちの方や、メルカリ等のフリマアプリで安くデータ端末を購入する予定の方は、SIMカードのみ申し込んで無駄な出費を抑えることもできます。

ご利用開始までの流れやデータ端末の種類、キャッシュバック特典等については、ビッグローブWiMAXのトップページ(▷▷BIGLOBE WiMAX +5G)で確認することができますのでよろしければご覧ください。

ビッグローブでWiMAX +5Gの提供エリアをチェック