株式投資にはない、FXのメリット

FXと株式投資の共通点

FX(外国為替証拠金取引)

FXでは、外貨(ドル・ユーロなど、各国の中央銀行が発行し管理している法定通貨)を、安く買って、高く売って差額で儲けることができます。

また、外貨を、高く売って、安く買い戻して差額で儲けることもできます。

さらに、スワップポイントと呼ばれる、外貨預金の利息のようなものを受け取ることもできます。

FXでは、金利が高い通貨を買い、金利が低い通貨を売ることにより、この金利差にあたるスワップポイント(利息)を受け取ることができるのです。

【算式】

為替レート × 保有通貨数 × 金利差 ÷ 365日 = 1日に受け取れるスワップポイント

株式投資

FXと同じように、株式投資では、上場企業の株式を、安く買って、高く売って差額で儲けることができます。

また、信用取引を利用すれば、上場企業の株式を、高く売って、安く買い戻して差額で儲けることもできます。

さらに、配当金を受け取ることもできます。

配当金とは、例えば、私がABCD株式会社の株式を購入したとします。この時点で、私はABCD株式会社の株主です。

その後、ABCD株式会社が利益を得た(儲けた)場合、ABCD株式会社は、儲けた利益の一部を、株主である私に還元してくれます。

これが配当金です。

共通点

このように、FXと株式投資では、価格の差額で儲けることができ、しかも、価格が上昇傾向にあるときも、下降傾向にあるときも儲けることができます。

また、FXではスワップポイントを、株式投資では配当金を受け取ることもできます。

株式投資にはない、FXのメリット

株式投資を行うには、簿記・会計の知識と財務諸表(決算書)を読むチカラが必要です。

財産と債務がどれだけあるのかを示す「貸借対照表」。

どれだけ利益が出ているのか(儲かっているのか)を示す「損益計算書」。

現金がどれだけ増減したかを示す「キャッシュフロー計算書」。

どれだけ配当金が支払われているのかなどを示す「株主資本等変動計算書」。

これらの財務諸表が読めなければ、「投資しても大丈夫な企業なのか」を判断することができません。

そして、財務諸表を読めるようにするには、簿記・会計の知識が必要です。

貸借対照表の資産の部の未収収益と未収入金(未収金)の違いは?負債の部の引当金って何?

損益計算書の営業利益と経常利益の違いは?減価償却って何?

キャッシュフロー計算書の棚卸資産の増加額って何?

株主資本等変動計算書の利益準備金って何?

など、簿記・会計の知識がなければ、財務諸表を理解することはできません。

これらの知識を短期間で身に付けるには、スタディングがおすすめです。

これに対し、FXは、企業に投資するものではなく、通貨に投資するものであるため、簿記・会計の知識と財務諸表を読むチカラは必要ありません。

したがって、FXには、簿記・会計の知識と財務諸表を読むチカラを身に付けなくても、すぐに始められるというメリットがあります。

なお、FXを始めるには、DMM.com証券外為ジャパンなどへの口座開設が必要です(口座開設に費用はかかりません)。