【簿記】掛け販売した商品に傷が見つかり、値引きした場合の仕訳

問題

昨日、卸売販売をしている当店は、小売販売をしている大崎商店に30,000円の商品を掛け販売したが、傷が付いていたため、本日、2,000円の値引きをした。なお、当店は、商品売買取引の仕訳方法に三分法を採用している。

解答

売上値引の仕訳

解説

この問題の前提として、昨日の商品販売時に、下記の仕訳が行われています。商品売買取引の仕訳方法に三分法を採用しているため、貸方は「売上」になります。

掛売上の仕訳

そして、この問題では、値引きが行われています。

販売した商品について値引きした時は、値引きした金額だけ、販売した時の仕訳の逆仕訳を行い、販売金額を減少させます。

したがって、借方が売上2,000円、貸方が売掛金2,000円になります。

【日商簿記】過去の試験問題

なお、相手(大崎商店)は、仕入れた商品について値引きを受けています。

大崎商店が商品売買取引の仕訳方法に三分法を採用している場合、大崎商店の商品仕入れ時の仕訳は、下記のとおりになります。三分法の場合、借方は「仕入」になります。

掛仕入れの仕訳

そして、値引きを受けた時は、下記のとおり、値引きを受けた金額だけ、仕入れ時の逆仕訳を行い、仕入れ金額を減少させます。

仕入れ値引きの仕訳

【簿記】答案用紙に答えを書く際の、たった1つの注意点