【簿記】当座預金を開設し、当座借越の担保に定期預金に預入れた場合 | 投資キャンプ

【簿記】当座預金を開設し、当座借越の担保に定期預金に預入れた場合

問題

当座預金口座を開設し、普通預金口座から80,000円を預け入れた。また、口座開設と同時に当座借越契約(限度額100,000円)を締結し、その担保として普通預金口座から200,000円を定期預金口座へ預け入れた。

解答

当座預金と定期預金の仕訳

解説

普通預金口座から当座預金口座へ預け入れる取引のため、借方が当座預金(資産)、貸方が普通預金(資産)になります。

また、当座借越契約の担保として普通預金口座から定期預金口座へ預け入れているため、借方が定期預金(資産)、貸方が普通預金(資産)になります。

解答には、貸方を、まとめて普通預金280,000円と記載しましたが、下記のように、普通預金80,000円と普通預金200,000円の2行に分けて記載しても正解です。

当座預金と定期預金と普通預金の仕訳

【日商簿記】過去の試験問題

なお、問題文に「口座開設と同時に当座借越契約(限度額100,000円)を締結し」とありますが、この部分は、この問題を解くうえで考慮する必要のない資料になります(契約を締結しただけであり、資産・負債・純資産・収益・費用に増減がないため)。