【ROA】と【ROE】を計算する際に用いる利益が、異なる理由 | 投資キャンプ

【ROA】と【ROE】を計算する際に用いる利益が、異なる理由

ROA(Return on Assets)

ROAとは、総資本利益率のことをいい、経常利益を総資本(総資産)の金額で除した、総合的な収益性を表すものです。

ROA = 経常利益 ÷ 総資本(総資産)

ROAの計算に経常利益を用いるのは、会社の収益力を計るには、「通常の状態で、会社がどれだけの利益を上げることができるのか」という観点で見る必要があるからです。

そして、「通常の状態で、会社がどれだけの利益を上げることができるのか」という観点で収益力を計るには、株主から出資された自己資本(純資産)だけでなく、銀行などから借りてきた他人資本(負債)を含めた、総資本(総資産)を用いる必要があるのです。

ROE(Return on Equity)

ROEとは、自己資本利益率のことをいい、税引後当期利益を自己資本(純資産)の金額で除した、株主持分に対してどれだけの見返りがあるのかを表すものです。

ROE = 税引後当期利益 ÷ 自己資本(純資産)

ROEの計算に税引後当期利益を用いるのは、株主にとっては、税引後の利益こそ、株主持分増加に該当する部分であるからです。

そして、株主持分に対してどれだけの見返りがあるのかを計るには、銀行などから借りてきた他人資本(負債)は含めず、株主から出資された自己資本(純資産)のみを用いる必要があるのです。