【簿記】前受金があり、貸倒れが生じた場合の仕訳 | 投資キャンプ

【簿記】前受金があり、貸倒れが生じた場合の仕訳

問題

得意先東京商店が倒産し、売掛金80,000円のうち、20,000円は、かねて注文を受けた際に受け取っていた手付金と相殺し、残額は、貸し倒れとして処理した。

解答

貸倒損失と前受金の仕訳

解説

商品①と商品②があると考えると、理解しやすいと思います。

この問題の前提として、商品①を販売した際、下記の仕訳処理がされています。

売上と売掛金の仕訳

その後、商品②の注文を受けて手付金を受け取った際、下記の仕訳処理がされています。

前受金の仕訳

商品②は、まだ東京商店に引き渡していません。

【日商簿記】過去の試験問題

そして、この問題では、東京商店が倒産し、商品①に係る売掛金80,000円が回収できなくなったため貸し倒れ処理しますが、商品②に係る前受金(手付金)20,000円を商品①に係る売掛金の回収に充てるため、残額60,000円のみを貸倒損失として仕訳処理します。