【簿記】商品を仕入れ、事前に手付金を支払っている場合の仕訳

問題

大塚商店から商品80,000円を仕入れ、代金のうち、20,000円はあらかじめ支払い済みの手付金と相殺し、残額は掛けとした。なお、当店負担の運賃1,000円は、運送会社に現金で支払った。(商品売買取引の仕訳方法に三分法を採用)

解答

(借方)

仕入 81,000

(貸方)

前払金 20,000

買掛金 60,000

現金 1,000

解説

(注)解答の貸方は、「前払金」に代え「前渡金」でも正解です。

この問題の前提として、手付金支払い時に、下記の仕訳をしています。

(借方)

前払金 20,000

(貸方)

現金等 20,000

商品を仕入れる際、実際に商品を受け取る前に代金の一部を先に支払うことがあります。これを手付金(または内金)といい、この場合、上記のように、借方に前払金(または前渡金)の仕訳をします。

そして、この問題の商品仕入れ時(商品受け取り時)に、前払金を仕入れ代金に充当します(貸方に前払金の仕訳をします)。

問題文に「相殺」とありますが、手付金支払い時に借方に前払金20,000円の仕訳をしているため、この問題の商品仕入れ時に貸方に前払金20,000円の仕訳をして、前払金の残高をゼロにするという意味です。

掛けとした残額60,000円(80,000円−20,000円)は、貸方に買掛金の仕訳をします。

商品を仕入れ、商品売買取引の仕訳方法に三分法を採用しているため、借方に仕入の仕訳をします。

当店負担の運賃は、仕入諸掛に該当します。

仕入諸掛は、当店負担の場合と先方(大塚商店)負担のものを当店が立替払いした場合で取り扱いが異なります。

当店負担の場合、「仕入に含めて」仕訳します。

先方負担のものを当店が立替払いした場合、「立替金」で仕訳、または「買掛金から差し引く」仕訳をします。

この問題は、当店負担であるため、「仕入に含めて」仕訳します。

したがって、借方の仕入の金額は81,000円(80,000円+1,000円)になります。

なお、この問題について、先方負担の運賃を当店が立替払いした場合で、「立替金」で仕訳すると、解答は下記のとおりになります。

(借方)

仕入 80,000

立替金 1,000

(貸方)

前払金 20,000

買掛金 60,000

現金 1,000

また、先方負担の運賃を当店が立替払いした場合で、「買掛金から差し引く」仕訳をすると、解答は下記のとおりになります。買掛金は本来60,000円(80,000円−20,000円)ですが、先方負担の運賃1,000円を当店が立替払いしたため、その分、買掛金の金額を減らしてもらうという考え方です。

(借方)

仕入 80,000

(貸方)

前払金 20,000

買掛金 59,000

現金 1,000

わかりづらい方は、まず、下記のとおり、運賃がない場合の仕訳(仕訳①)をします。

(借方)

仕入 80,000

(貸方)

前払金 20,000

買掛金 60,000

次に、下記のとおり、当店が立替払いした先方負担の運賃の仕訳(仕訳②)をします。当店が立替えるため、その分、買掛金を減らしてもらいます。

(借方)

買掛金 1,000

(貸方)

現金 1,000

最後に、①と②の仕訳を相殺したもの(①の貸方の買掛金60,000円のうち1,000円と②の借方の買掛金1,000円を相殺したもの)が、下記の、先方負担のものを当店が立替払いした場合で、「買掛金から差し引く」仕訳になると考えると、理解しやすいと思います。

(借方)

仕入 80,000

(貸方)

前払金 20,000

買掛金 59,000

現金 1,000

上記のとおり、運賃(仕入諸掛)は、当店負担の場合と先方負担のものを当店が立替払いした場合は仕訳が必要ですが、先方負担の場合は、当店はお金を支払わないため(資産・負債・純資産・収益・費用に増減がないため)、仕訳は必要ありません。

なお、売上諸掛については、商品を販売し、売上諸掛を販売先と半分ずつ負担した場合にまとめてありますので、よろしければご覧下さい。