【簿記】建物と土地の賃借料を、仮払金で処理した場合の仕訳

問題

先月末、普通預金口座から150,000円の引き落としがあったが、その際、内容が不明であったため仮払金で処理した。これは、店舗の賃借料120,000円と店舗の駐車場として使用している土地の賃借料30,000円の口座引き落としであることが判明したため、本日、適切な処理を行う。

解答

支払家賃と支払地代の仕訳

解説

この問題の前提として、先月末に、下記の仕訳をしています。

仮払金の仕訳

お金を支払ったが、まだ、その内容がはっきりしていない場合、上記のように、借方に「仮払金」の仕訳をします。

そして、内容がはっきりしたこの問題において、その内容の仕訳をし、「仮払金」を取り消します(貸方に「仮払金」の仕訳をします)。

店舗用(事業用)に使用している建物の賃借料は「支払家賃」で、また、店舗駐車場用(事業用)に使用している土地の賃借料は「支払地代」で仕訳します。

【日商簿記】過去の試験問題

「普通預金」と「当座預金」の違いについて(覚える必要はありません)、

「普通預金」には、口座の開設が容易で、お金の預け入れや引き出しにATMが利用でき、お金を銀行に預けておくと利息が付くなどのメリットがあります。
しかし、1日当たりの引き出し額に制限があり、会社の場合、1日当たり1,000万円までしか引き出すことができないデメリットがあります。

「当座預金」には、小切手や手形を振り出すことができ、1日当たりの引き出し額に制限がないなどのメリットがあります。
しかし、口座の開設に厳しい審査があり、お金の預け入れや引き出しにATMが利用できず(お金の引き出しには小切手や手形を振り出す)、お金を銀行に預けておいても利息が付かないなどのデメリットがあります。