【事業主貸】と【事業主借】は、最終的にどうするの?

所得税の確定申告書を自分で作成する場合、悩ましいのが「事業主貸」勘定と「事業主借」勘定の取り扱いだと思います。

「事業主貸」と「事業主借」の最終的な処理

事業主貸と事業主借は、翌年1月1日に相殺して差額は「元入金」に計上します。

この仕訳処理を、具体例を用いて確認したいと思います。

具体例①

「2019年12月31日(期末)の残高、事業主貸15万円、事業主借20万円の場合」

この場合、2020年1月1日付けで、下記の仕訳を行います。

(借方)

事業主借 200,000

(貸方)

事業主貸 150,000

元入金 50,000

借方が、事業主借20万円、

貸方が、事業主貸15万円と元入金5万円、

になります。

事業主借20万円と事業主貸15万円の差額を、元入金5万円として貸方に計上します。

借方が事業主借20万円で、貸方が事業主貸15万円で、貸方のほうが5万円少ないため、貸方に元入金5万円を計上します。

これで、借方が20万円、貸方も20万円(15万円+5万円)になりました。

借方と貸方は、同額でなければなりません。

お近くの税理士に、メールで質問(お問い合わせ)する

具体例②

「2019年12月31日(期末)の残高、事業主貸30万円、事業主借22万円の場合」

この場合、2020年1月1日付けで、下記の仕訳を行います。

(借方)

事業主借 220,000

元入金 80,000

(貸方)

事業主貸 300,000

借方が、事業主借22万円と元入金8万円、

貸方が、事業主貸30万円、

になります。

事業主借22万円と事業主貸30万円の差額を、元入金8万円として借方に計上します。

借方が事業主借22万円で、貸方が事業主貸30万円で、借方のほうが8万円少ないため、借方に元入金8万円を計上します。

これで、借方が30万円(22万円+8万円)、貸方も30万円になりました。

借方と貸方は、同額でなければなりません。

具体例③

「2019年12月31日(期末)の残高、事業主貸0円、事業主借20万円の場合」

この場合、2020年1月1日付けで、下記の仕訳を行います。

(借方)

事業主借 200,000

(貸方)

元入金 200,000

借方が、事業主借20万円、

貸方が、元入金20万円、

になります。

事業主借20万円と事業主貸0円の差額を、元入金20万円として貸方に計上します。

借方が事業主借20万円で、貸方のほうが20万円少ないため、貸方に元入金20万円を計上します。

これで、借方が20万円、貸方も20万円になりました。

借方と貸方は、同額でなければなりません。

全自動のクラウド会計ソフト

具体例④

「2019年12月31日(期末)の残高、事業主貸30万円、事業主借0円の場合」

この場合、2020年1月1日付けで、下記の仕訳を行います。

(借方)

元入金 300,000

(貸方)

事業主貸 300,000

借方が、元入金30万円、

貸方が、事業主貸30万円、

になります。

事業主借0円と事業主貸30万円の差額を、元入金30万円として借方に計上します。

貸方が事業主貸30万円で、借方のほうが30万円少ないため、借方に元入金30万円を計上します。

これで、借方が30万円、貸方も30万円になりました。

借方と貸方は、同額でなければなりません。