【損益計算書】経常利益と当期純損失が表示される場合 | 投資キャンプ

【損益計算書】経常利益と当期純損失が表示される場合

3つの利益と、2つの損失

損益計算書では、過去の記事『損益計算書ってなに?』で説明させていただいたように、

企業の経営成績について、

売上高から売上原価を差し引いて、売上総利益を算出し、

売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引いて、営業利益を算出し、

営業利益に営業外収益と営業外費用を加減して、経常利益を算出します。

そして、経常利益に特別利益と特別損失を加減して、税引前当期純利益を算出しますが、多額の特別損失を計上してマイナス(赤字)となる場合は、『赤字の会社の、5つの損失の名称』の記事で説明させていただいたように、税引前当期純利益ではなく、税引前当期純損失となります。

さらに、納付する法人税等がある場合は、税引前当期純損失に法人税、住民税及び事業税が加算され、当期純利益ではなく、当期純損失となります。

会計法規集

つまり、この場合の損益計算書には、3つの利益と、2つの損失が表示されることになります。

売上総利益

営業利益

経常利益

税引前当期純損失税引前当期純利益ではない)

当期純損失当期純利益ではない)

【損益計算書】経常利益と当期純損失がある場合の表示(画像)