【簿記】固定資産(備品)を期首に売却し、代金は後日受け取る場合

問題

不用となった備品(取得原価:250,000円、減価償却累計額:170,000円、間接法により記帳)を期首に売却し、売却代金70,000円は、後日、受け取ることとした。

解答

備品売却の仕訳(減価償却・間接法)

解説

商品売買以外の取引から生じた代金の未収分(備品・建物・土地・有価証券などの資産を売却して代金は後日受け取る場合など)は、未収入金(または未収金)で処理します。

「減価償却」って何?クルマは「資産」でボールペンは「費用」?

そして、減価償却については、間接法により記帳とあるため、

①250,000円(備品の取得原価)と②240,000円(減価償却累計額170,000円と未収入金70,000円の合計額)の差額10,000円を、固定資産売却損として処理します。

【日商簿記】過去の試験問題

なお、備品を期首に売却しているため、当期の減価償却費は計上しません。

【簿記】答案用紙に答えを書く際の、たった1つの注意点