減損損失累計額を減価償却累計額に合算する場合の注意点 | 投資キャンプ

減損損失累計額を減価償却累計額に合算する場合の注意点

貸借対照表上の取り扱い

減価償却累計額及び減損損失累計額を有形固定資産に対する控除科目として貸借対照表に掲記する場合、減損損失累計額を減価償却累計額に合算して、「減価償却累計額」の科目をもって掲記することができます。

この場合、減価償却累計額に減損損失累計額が含まれている旨を注記しなければなりません。

減損会計の仕組み

なお、減損損失累計額を減価償却累計額に合算して、「減価償却累計額及び減損損失累計額」の科目をもって掲記することも認められており、この場合には、注記は必要ありません。