【損益計算書】売上原価が売上高を超える場合の表示 | 投資キャンプ

【損益計算書】売上原価が売上高を超える場合の表示

損益計算書の表示

売上高は、売上原価より大きいのが一般的です。

この場合、売上高から売上原価を控除した額は、売上総利益金額として損益計算書に表示しなければなりません。

しかし、売上原価が、売上高より大きくなる場合があります。

例えば、仕入れた商品を希望していた価格で販売できず、仕入れ価格未満で販売した場合などです。

この場合、売上原価から売上高を控除した額は、売上総損失金額として損益計算書に表示しなければなりません。

なお、関係会社に対する売上高が、売上高の総額の100分の20を超える場合には、その金額を注記しなければなりません。