【ポケトーク】eSIM(グローバル通信)って何?

ポケトークとは

ポケトーク(POCKETALK)とは、お互いに相手の国の言葉を知らなくても、対話ができる通訳機(音声翻訳機)です。

例えば、海外旅行に出かけて、飲食店などで言葉が通じなくても、ポケトークに向かって日本語で話しかけると、話しかけた内容を現地の言葉に翻訳して音声で読み上げてくれるのです。

ポケトークは、74言語に対応しており、外国語が話せなくても、様々な国の方々とコミュニケーションを取ることを可能にします。

ポケトークの仕組み

ポケトークは、内蔵マイクに向かって話した内容を、75言語の中から選択した言語に、クラウドサービスを使って翻訳し、内蔵スピーカーを使って音声で読み上げる仕組みです。

ポケトークには、2機種ある

ポケトークは、eSIMが内蔵された「グローバル通信2年付き モデル」と、eSIMが内蔵されていない「グローバル通信なし モデル」の、2種類が販売されています。

① ポケトークW グローバル通信2年付き モデル

価格:19,800円(税抜)

② ポケトークW グローバル通信なし モデル

価格:18,000円(税抜)

新発売の「ポケトークS」は、「ポケトークW」と何が違うの?

eSIM(グローバル通信)って何?

上記のとおり、ポケトークは、内蔵マイクに向かって話した内容を、クラウドサービスを使って翻訳し、内蔵スピーカーを使って音声で読み上げる機械です。

そして、クラウドサービスを使って翻訳するには、インターネット接続が必要です。

例えば、スマートフォンがインターネット接続できるのは、スマートフォンの中に、SIMカード(小型のICカード)が挿入してあるからです(その他に、Wi-Fiでも接続可能)。

しかし、日本で使用しているスマートフォンは、基本的に、海外ではインターネット接続ができません(海外のWi-Fiであれば接続可能)。

eSIMとは、ポケトークが日本にある場合は日本の通信会社の通信網を使ってインターネット接続し、ポケトークが外国(133の国と地域)にある場合は現地の通信会社の通信網に自動切り替えしてインターネット接続(グローバル通信)できるSIMカードです。

したがって、eSIMが内蔵された「グローバル通信2年付き モデル」のポケトークW 19,800円(税抜)を持って外国に行けば、特別な設定などする必要なく音声翻訳してくれるのです。

しかも、19,800円(税抜)に2年間の通信料金が含まれているため、毎月、通信料金を支払う必要はありません(2年後には使用期間の延長も可能)。

なお、「グローバル通信なし モデル」のポケトークW 18,000円(税抜)を使用するには、ご自身でSIMカードを用意するか、Wi-Fi(無線LAN)に接続しなければなりません。

Amazonでポケトークのクチコミ(レビュー)を確認する

解約手続き不要

ポケトークを途中で使用しなくなった場合等であっても、解約手続きは必要ありません。

ポケトーク 公式サイト