「掛け取引」のメリットとデメリット

掛け取引とは

商品を販売して代金を後日受け取ったり、商品を仕入れて代金を後日支払ったりする取引を「掛け取引」といいます。

掛け取引のメリット

例えば、毎日同じ取引先に商品を販売している会社が、毎日販売代金を受け取っていたら、お金の管理が大変です。受け取ったお金が盗まれてしまう危険も高まります。

また、毎日同じ取引先から商品を仕入れている会社が、毎日仕入れ代金を銀行振込で支払っていたら、毎日銀行に振込手数料を支払わなければならない場合もあり、費用負担が大きくなってしまいます。

販売代金の受け取りや仕入れ代金の支払いを、一定期間経ってからから、一定期間分まとめて行う「掛け取引」では、上記ような問題を避けることができます。

掛け取引のデメリット

商品を販売して、代金を後日受け取ることとしたにもかかわらず、代金を後日支払ってもらえない恐れがあります。

損益計算書を見ると「貸倒損失」という科目が記載されていることがありますが、「貸倒損失」は、商品を販売したにもかかわらず、代金を後日受け取れなかったことを意味します。