【仕訳】メルカリの売上金が、銀行口座に振り込まれた場合の仕訳

フリマアプリの「メルカリ」。

この記事では、メルカリで商品(不用品等)を売った後、振込申請をして、売上金が自分の銀行口座に振り込まれた場合の仕訳を、具体例を用いて解説します。

なお、出品した商品が売れ、商品を発送し、評価が完了するまでの仕訳は、下記の記事にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

【仕訳】メルカリで、不用品等が売れた場合の、送料負担者別の仕訳

また、後日、振込申請をして、売上金をメルペイ(決済サービス)で受け取った場合の仕訳は、下記の記事にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

【仕訳】メルカリの売上金を、メルペイにチャージした場合の仕訳

具体例

例えば、販売金額9,000円、販売手数料900円、出品者負担の送料600円の取引が完了している場合、振込申請できるのは、売上金7,500円です。

《売上金の算式》

9,000円 − 900円 − 600円 = 7,500円

この7,500円は、出品した商品が売れ、商品を発送し、評価が完了するまでの仕訳をすると、「売掛金」として計上されています。

詳細については、下記の記事をご覧ください。

【仕訳】メルカリで、不用品等が売れた場合の、送料負担者別の仕訳

そして、メルカリでは、振込申請をして自分の銀行口座に売上金(売掛金)を振り込んでもらう場合、振込手数料が200円(お急ぎ振込は400円)かかります。

売掛金7,500円について、振込申請して、自分の普通預金口座に振り込まれた場合、振り込まれた日に、下記の仕訳をします。
メルカリ振込仕訳(確定申告)

貸方の「売掛金」は、売上金です。

借方の「支払手数料」は、振込手数料です。

そして、借方の「普通預金」は、売上金から振込手数料を差し引いた手取り額です。

【メルカリ】売上アップに役立つ本