【簿記】試算表・精算表などの作成問題を解いた後、必ずやるべきこと

あと1点、点数を取るために

試算表、精算表、貸借対照表、損益計算書などの作成問題を解いた後、あと1点、点数を取るために、必ずやるべきことがあります。

それは、借方金額合計の欄と、貸方金額合計の欄に、同じ金額を記入することです。

例えば、決算整理後残高試算表の作成問題では、答案用紙の決算整理後残高試算表の一番下に、借方金額の合計を記入する欄と、貸方金額の合計を記入する欄があります。

『複式簿記では、借方金額の合計と貸方金額の合計は、必ず一致します』

採点者は、これを知っているかどうかを確認するため、借方金額合計の欄と貸方金額合計の欄に、配点を置くことがあるのです。

【日商簿記】過去の試験問題

借方金額合計の欄と、貸方金額合計の欄に、同じ金額が記入されていれば、点数がもらえることがあるのです。

なお、試算表の全ての項目に正しい金額を記入しなければ、借方金額合計の欄と、貸方金額合計の欄に、正しい金額を記入することはできません。

私は、試算表の問題を解いた後、最後に、借方金額合計の欄と、貸方金額合計の欄に、同じ金額を記入しました。

電卓をたたかず、それらしい金額を、借方金額合計の欄と貸方金額合計の欄に記入しました。

それらしい金額とは、1,000,000円などの切りが良い金額ではなく、1,893,780円など、電卓をたたいて集計したと思っていただけるような金額です。(試験に合格するためのテクニックは、スタディングで学びました)

借方金額合計の欄と貸方金額合計の欄に同じ金額(それらしい金額)を記入し(電卓をたたく必要なし、運が良ければ1点獲得)、それ以外の確実に取れそうな箇所を何度も見直して試験に合格し、早く次のステップに進むことをおすすめします。

【日商簿記2級・3級】独学で合格することが、難しくなってきた理由