【簿記】「郵便為替証書」と「他人振出小切手」と「送金小切手」の違い

問題

池袋商店に商品20,000円を販売し、代金のうち、10,000円は郵便為替証書で、8,000円は池袋商店振り出しの小切手で、2,000円は送金小切手で受け取った。なお、当店は商品売買取引の仕訳方法に三分法を採用している。

解答

郵便為替証書と他人振出小切手と送金小切手の仕訳

解説

商品売買取引の仕訳方法に三分法を採用しているため、貸方は「売上」で仕訳します。

郵便為替証書や他人振出小切手(池袋商店振り出しの小切手)や送金小切手は、郵便局・銀行等に持参すると、直ちにお金(現金)と交換してもらえるため、簿記では「現金」として取り扱います。

したがって、郵便為替証書や他人振出小切手や送金小切手を受け取った場合、借方は「現金」で仕訳します。

簿記では、通貨(硬貨・紙幣)の他に、下記の5つの通貨代用証券も「現金」として取り扱います。

  1. 郵便為替証書
  2. 他人振出小切手
  3. 送金小切手
  4. 配当金領収証
  5. 利払期日が到来した公社債の利札

【日商簿記】過去の試験問題

郵便為替証書の詳細については固定資産を期首に売却し、減価償却を直接法で記帳した場合

他人振出小切手の詳細については自己(自分)振出小切手を受け取った場合の仕訳

送金小切手の詳細についてはネットで商品を販売し、代金は送金小切手で受け取った場合

配当金領収証の詳細については取得した株式について、配当金領収証を受け取った場合の仕訳

利払期日が到来した公社債の利札の詳細については利払期日が到来した公社債の利札について、利払日の仕訳

にまとめてありますので、よろしければご覧下さい。

【固定資産】減価償却せず、取得時に全額費用処理する場合