試算表の貸方が、負債・資本・収益の順に記載される理由

試算表の貸方

試算表を見ると、借方(左側)と貸方(右側)に分かれています。

そして、試算表の貸方は、負債・資本・収益の順に記載されています。

【日商簿記】過去の試験問題

負債

負債は、買掛金や借入金など、将来返済しなければならないものであるため、会社の経理担当者は、その返済額と返済期日を日々管理しなければなりません。

もし、返済期日までに返済できない場合、会社の信用を失ったり、最悪の場合は倒産する恐れもあります。

つまり、負債は、管理面での重要性が最も高いため、試算表の貸方では一番上に記載されます。

【資産と費用の違い】試算表の借方が、資産・費用の順に記載される理由

資本

資本は、株主から提供されたお金であり、原則として、返済する必要がありません。

ただし、会社は、資金提供者である株主に対して、業績を報告したり、配当金を出すなどして報いなければなりません。

つまり、資本は、負債に準じて重要な項目であるため、試算表の貸方では負債の次に記載されます。

【貸借対照表】「資本の部」から「純資産の部」に、名称が変更された理由

収益

収益は、顧客にモノを売ったり、サービスを提供したりして稼いだお金です。

つまり、収益は、返したり、分配したりする必要がなく、負債や資本に比べて管理面での重要性が高くないため、試算表の貸方では負債と資本の次に記載されます。

【簿記】スマホやパソコン等で、効率良く勉強する方法