【仕訳】圧縮記帳を直接減額方式(直接控除方式)により行った場合 | 投資キャンプ

【仕訳】圧縮記帳を直接減額方式(直接控除方式)により行った場合

問題

機械装置300,000円の取得にあたり、国庫補助金120,000円を受け取り、これにかかわる会計処理も適切に行われていたが、当該国庫補助金を返還しないことが本日確定したため、直接減額方式により圧縮記帳の処理を行った。

解答

国庫補助金により取得した有形固定資産について、圧縮記帳を直接減額方式(直接控除方式)により行った場合の仕訳画像

解説

圧縮記帳とは、国庫補助金などにより取得した有形固定資産について、その取得原価を一定額だけ減額(圧縮)し、減額(圧縮)後の帳簿価額を貸借対照表価額とする方法です。

圧縮記帳の詳細については、「圧縮記帳」っなに?の記事にまとめてありますので、よろしければご覧ください

この問題では、国庫補助金相当額120,000円の固定資産圧縮損(費用)を計上するとともに、同額を機械装置の取得原価300,000円から直接減額します(直接減額方式)。

【日商簿記】過去の試験問題

なお、直接減額方式は、直接控除方式と問題文に記載される場合もあります。