【簿記】消耗品を購入し、代金は後日支払うこととした場合の仕訳

問題

消耗品30,000円を購入し、代金は後日支払うこととした。なお、当店は、消耗品の処理について、購入時にいったん費用として計上し、決算時に未使用分を資産に振り替える方法を採っている。

解答

消耗品費と未払金の仕訳

解説

消耗品の購入時の仕訳方法には、①消耗品費(費用)で仕訳する方法と②消耗品(資産)で仕訳する方法があります。

この問題では、指示により、消耗品費(費用)で仕訳します。

また、商品売買以外の取引から生じた代金の未払分(消耗品・建物・土地・有価証券などの資産を購入して代金は後日支払う場合など)は、未払金(負債)で仕訳します。

なお、消耗品購入時に費用処理した場合、決算時(期末)に未使用分を消耗品(資産)に振り替える仕訳をしなければなりません。

【日商簿記】過去の試験問題

例えば、決算時に未使用分が8,000円分あった場合、決算時に下記の仕訳を行います。

消耗品の未使用分の期末仕訳(決算時の仕訳)

消耗品の購入時に、②消耗品(資産)で仕訳する方法に関する問題(決算時の仕訳含む)は、「消耗品」と「消耗品費」の違いで確認することができますので、よろしければご覧下さい。

【簿記】答案用紙に答えを書く際の、たった1つの注意点