「小切手を振り出す」とは?

「小切手を振り出す」の意味

まず、銀行に当座預金口座を開設して現金を預け入れ、銀行から小切手を受け取ります。

次に、取引先等への代金支払いの際に、小切手に必要事項(金額・署名等)を記入し、取引先等に小切手を渡します。

この行為を、「小切手を振り出す」といいます。

そして、小切手を振り出す人(会社)を「振出人」といいます。

ちなみに、銀行に当座預金口座を開設すると、小切手の他に、手形を振り出すこともできます。

ただし、当座預金口座は、普通預金口座や定期預金口座と異なり、銀行に現金を預け入れても利息は付きません。

なお、取引先等は、受け取った小切手を銀行に持っていくと、小切手に記載された金額を、直ぐに受け取ることができます。(小切手を受け取る取引先等を「受取人」といいます)